2011年08月30日

為替teacherのFX配信1カ月コース 効果

WS000005.JPG


過去にFXの自動売買や指標システムを利用して

「実際に利用すると負け続けた」

「成績 データと実績が全然違う」

あなたはそんな経験をしたことがありませんか?



私は何度となくそんな経験をしてきました。

有料会員なり、下手なトレード配信を

受た経験もありました。



確かにデータというものは非常に大切なものです。

いわゆる「テクニカル」と言われるものは、

膨大なデータの集大成と言っても過言ではありません。

実際に私も重要視します。

しかし、残念ながらデータが揃っていれば

勝てる訳ではありません。



そんな考え方から発売されたのが

≪為替teacherのFX配信≫



この≪為替teacherのFX配信≫は

あるロジックに『為替teacher』の裁量を加え

上げているときに反転ポイントを予測して「売り」を狙い

下げているときに「買い」を狙うという、

いわゆる「逆張り」になります。

もちろん相場にあわせて順張りトレードも

行うこともあります。



一般的には逆張りは、リスクが高いと

思われる方も多いようですが、

実は、まったく逆で

それが大きいチャン スと考えることができます。

うまくトレードを行えば

底値でポジションを持つ事が可能であり、

大きな利益を得られる可能性があるからです。



またエントリー方向と合致しない場合は、

すかさずロスカットを行いロスカット幅も

順張りに比べ小さくすみます。

通常、50〜120pipsくらいで

ストップ(逆指値)を入れていますので

ストップ管理をきちんとすれば、

コンスタントに収益を上げることができるのです。



そうして送られるシグナルですから、

今までのシグナル配信とは

一線をはくしたシグナル配信ということができると思います。



詳しくはこちらからどうぞ>>>>





バイナリオプション
負けないことに特化した堅実投資法 『チリ積もFX』 検証
サンセットミリオンシャワー 実証

WS000005.JPG
posted by こはるgvn0 at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。